CSR(企業の社会的責任)

企業の社会的責任

セブン・フィナンシャルサービスは、セブン&アイHLDGS.の「企業行動指針」「品質方針」等からなる「CSR活動基本方針」及び自らの「経営理念」に基づき、社会的責任を果たしていくことを目指しています。

セブン&アイHLDGS.の「CSR活動基本方針」

セブン&アイHLDGS.は、CSR活動の基本となる方針を、以下に掲載の「企業行動指針」(抜粋)や「品質方針」等をもって、定めています。

セブン&アイHLDGS.の企業行動指針(抜粋)

前文
企業の使命は、社会倫理に基づいた経営を行い、お客様に価値ある商品・サービスを提供し、新たな富と雇用を生み出すことにあります。セブン&アイグループの役員および社員は、こうした使命を果たし、お客様に喜んでいただくことを生きがいとしています。このために、法令や社会規範を遵守し健全な経営体質を確立するとともに、すべての人々の人権と尊厳を尊び、国際社会の多様な価値観を尊重して事業を展開します。セブン&アイグループは、以下の指針に基づき、持続可能な社会実現に向けて事業活動を通じた社会的責任を果たしていきます。

セブン&アイHLDGS.の「品質方針」

品質方針
セブン&アイHLDGS.は、お客様に豊かで健康的な生活を提供できるよう安全・安心と、「新しさ」「上質」を追求し、グループ各社の連携により、お客様にご満足していただける商品・サービスを提供し続けます。

基本方針

  1. お客様満足の向上

    私たちは、お客様の立場に立って、商品・サービスの開発・提供を行い、お客様にご満足していただけるよう品質の向上に努めます。

  2. 安全な商品・サービスの提供

    私たちは、お客様の立場に立って、安全で安心してご使用・ご利用いただける商品・サービスの提供に努めます。

  3. 適切な情報の提供

    私たちは、お客様の立場に立って、商品・サービスに係わる法令やルールを遵守し、必要な情報を適切かつ、わかりやすい方法で提供するよう努めます。

経営理念

セブン&アイホールディングスの企業行動指針

セブン&アイホールディングスの品質方針