企業情報

沿革

セブン・フィナンシャルサービスの沿革

1975年(昭和50年)12月 株式会社イトーヨーカ堂を中心に10社の企業の出資によりリース会社を設立。社名を株式会社ユニオンリース(現リース事業本部の前身)とし、主に株主及びその関係会社との取引を開始。
1976年(昭和51年) 株式会社ユニオンリースの子会社として株式会社ユニオン商事(現保険サービス事業本部の前身)設立。
1992年(平成4年) 株式会社ユニオンリース(現リース事業本部の前身)は、イトーヨーカ堂グループの経営方針に基づき、イトーヨーカ堂グループの資産管理業務に特化。
1993年(平成5年)7月 株式会社ユニオン商事が株式会社イトーヨーカ堂100%子会社となり、株式会社ヨークインシュアランスエージェンシーに社名変更。イトーヨーカ堂グループの社員及びセブン-イレブンオーナー様向け損害保険、医療保険の販売開始。
1999年(平成11年)1月 株式会社ヨークインシュアランスエージェンシーの社名を株式会社ヨークインシュアランスに変更。
2000年(平成12年) 株式会社ユニオンリースは、イトーヨーカ堂グループのリース会社として営業活動を開始。
2001年(平成13年)2月 株式会社ユニオンリースが株式会社セブン-イレブン・ジャパンの連結子会社になる。
2004年(平成16年)5月 株式会社ユニオンリースの社名を株式会社SEキャピタルに変更。
2005年(平成17年)3月 株式会社ヨークインシュアランスが保険ショップ「ハトの保険屋さん」第1号店四街道店を開店。
2005年(平成17年)9月 株式会社セブン&アイ・ホールディングス設立。
2007年(平成19年)6月 株式会社セブン・キャッシュワークス設立。
2007年(平成19年)9月 株式会社ヨークインシュアランスは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの100%子会社になる。
2008年(平成20年)3月 セブン&アイグループの金融関連事業を集約する金融持株会社として、株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループ設立。
2011年(平成23年)3月 株式会社SEキャピタル、株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループ、株式会社セブン・キャッシュワークスの3社が合併し、株式会社セブン・フィナンシャルサービス設立。
2012年(平成24年)3月 株式会社セブン・フィナンシャルサービスと株式会社ヨークインシュアランスが合併、保険事業は保険サービス事業本部として事業を承継する。
2012年(平成24年)12月 保険代理店名の「ハトの保険屋さん」を「セブン保険ショップ」に変更。

関連事業会社の沿革

株式会社セブン・カードサービス

2001年(平成13年)10月 株式会社アイワイ・カード・サービス設立。
2002年(平成14年)2月 イトーヨーカドーにてクレジットカード会員募集開始。
2007年(平成19年)4月 電子マネー「nanaco」サービス開始。
2010年(平成22年)10月 株式会社セブン・カードサービスに社名変更。
2012年(平成24年)4月 イトーヨーカドーにて「シニアnanaco」のサービス開始。
2013年(平成25年)4月 クレジットカード・電子マネーnanaco一体型「セブンカード・プラス」発行開始。

株式会社セブンCSカードサービス

2010年(平成22年)9月 株式会社セブンCSカードサービス設立。
2011年(平成23年)4月 株式会社クレディセゾン、そごう・西武提携カード事業を分割吸収。株式会社セブン・フィナンシャルサービスが株式51%を取得し合弁会社化。

株式会社セブン・ペイ

2018年(平成30年)6月 株式会社セブン・ペイ設立。