CSR(企業の社会的責任)

マネジメント体制

安心と信頼を支えるマネジメント体制

セブン・フィナンシャルサービスは、経営の健全性や業務の適正性を確保するために、コンプライアンス体制の強化、万全なリスク管理体制の構築に努めています。

コンプライアンス

セブン・フィナンシャルサービスは、法令等の社会的規範の遵守は、お客さま、社会から信頼していただくための当然の前提であるとの考えから、経営の最重要課題と位置付けています。  全社的にコンプライアンス態勢を監督・推進するための組織として「コンプライアンス委員会」を設置しています。コンプライアンス委員会は、社長を責任者とし、複数の役員・社員により構成しています。

コンプライアンスの徹底に向けた体制を整備するとともに、年度毎に具体的な行為計画を定め、全社・部署ごとの課題・実施計画や進捗状況・達成状況を確認フォローし、継続的な課題解決を図っています。

リスク管理

セブン・フィナンシャルサービスは、経営に関わるリスクを把握・分析し、適切に管理することで、経営の健全性と効率性を確保するよう努めています。 リスクを適切に管理していくことが経営の重要課題のひとつであるとの認識のもと、取締役会で全社的なリスク管理の基本方針と組織・体制を「リスク管理の基本規程」として定めています。

取り組みにあたっては、社長を責任者とする「リスクマネジメント委員会」を設置するとともに、各リスクに対応するリスク管理統括部署を置き、各種リスクに関する諸問題に組織横断的に取り組んでいます。

業務継続体制

セブン・ファイナンシャルサービスは、大規模な災害や事故が起こった場合でも、可能な限り速やかに業務を復旧できるよう、業務継続体制の整備に努めています。